ホワイトニング(ウォーキングブリーチ)症例写真をブログ形式で紹介しています。

ホワイトニング(ウォーキングブリーチ)症例写真をブログ形式で紹介しています。

2014年10月08日 ブログ

いや~すっかり寒くなりましたね~

体調を崩しやすい季節なので、みなさん気をつけて下さい。

さて、今回ご紹介する症例は、前歯1本の変色歯です。

PICT0007

 

 

 

 

 

 

 

歯の変色の原因は虫歯や外傷によるもの、被せた物が古くなり変色するケースなどがあります。

人気お笑いコンビのハリセンボン、はるかさんも、ちょいちょい前歯の変色をネタにしていますね。(笑)

あえて治さないのも一種のプロ意識なんでしょうか?

今回のケースでは子供の頃の外傷が原因で、神経が死んでしまった事により変色していました。

レントゲン検査では神経線維が壊疽化し、生活反応がありませんでした。

治療前1

 

 

 

 

WB治療後1

 

 

 

 

 

 

 

失活歯のホワイトニングはウォーキングブリーチ法を使います。

この方法は、前歯の裏側に小さな穴を開けその管の中にホワイトニング剤を注入します。

神経の無い状態なので、痛みはまったくありません。

3回ほど薬を交換し、隣接歯と同じ色になったところで裏側の穴を埋めました。

PICT0007

WB治療後2

 

 

 

 

 

 

 

無症状のまま神経が失活し、変色するケースをたまに見かけます。

今回のように、神経線維がミイラ化した場合は問題が無いのですが、歯髄が感染原となり顎の骨に大きな病巣を作るケースもありますので、気になる方はレントゲン検査を受けて下さい。

今回の治療期間3週間、治療費ウォーキングブリーチ 1本 12,000円(税別)

ビューティーデンタルクリニック札幌

 

 

ページトップ 

ホーム | お問合せ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | 交通アクセス